*

心の支えになるもの

   

Pocket

DSC_0106

パニック障害やうつ病は、心が弱い人がなる病気だとか

怠けているだけだとか、時には心ない言葉に傷つく事もあるかもしれません。

でも、あなたは弱いわけでも怠けているわけでもない!

あなたは人一倍頑張りやさんで、怠ける事が出来ない人。

だからこんなになるまで頑張った。

身体が悲鳴をあげるまで頑張った。

でも今は頑張るのをやめましょう。

その背にその両肩・両腕に抱えたものを下ろし、

立ち止まって休みましょう。

こんな言葉は綺麗事?

綺麗事でおおいに結構じゃないですか。

弱音を吐きましょう。辛い時は辛いと声に出しましょう。

助けて!と声に出しましょう。

もしも、もしも手を差し伸べてくれる人がいなくても、

周りが何を言おうと、今のあなたを受け入れてくれなくても

あなた自身だけは、あなたを褒めてあなたを認めて受け入れてあげて下さい。

あなた自身は、あなたがあなたで有ることを認めてあげて下さい。

 

みっぷる。

 

ある詩との出会い

先日もパニック障害克服に有効な事という記事を書きましたが

今回は私が闘病中、心の支えになったものをご紹介させて頂きます。

私がまだ毎日を布団の中で苦悩し何も出来ない状態だった時に

ある呪文の様な詩と出会いました。

そしてこの詩は、その後の私にとって心の支えとなってくれました。

やすらぎ

どんなことがあったとしても

今までなんとかなってきたのに

あいかわらずこの先どうなるか

心配ばっかりしていますね

大丈夫!

今後もなんとかなるから

心配しないで!

 

「Messeage of Life」やすらぎ…

葉 祥明:書

 

これは詩集の中の一つの詩です。

他にも沢山心に響く誌が書かれていますが

私はこの一つの詩が心に残り、発作の時も予期不安の時も

外出中に恐怖感に襲われた時も、心の支えにしていました。

私はこの詩と出会いましたが、みなさんもなにか一つでも支えとなるものが

みつかりますように。

 

急がない

急がない。

傷が治るのを急がない。

病気からの回復を急がない。

早く治りたい気持ちはわかるが、

焦ると、かえって治りが遅い。

身体はちゃあんと

治る時期を知っている。

心配しないでいい。

完全に治るまで、

人生は待っていてくれる。

人生を再び生き始めるのは

それからでも遅くない。

 

「急がない」

葉 祥明:書

 

 

Pocket

 -パニック障害, , ,

PC用

  関連記事

パニック障害克服に有効な事

パニック障害は脳内の神経伝達物質のバランスが乱れることによって起こると考えられています。 不安を感じ

一眼レフカメラを買う時に悩む事

突然ですが、私の趣味はカメラです。 カメラが大好きだし写真も大好き。 自分で撮る事も好きですが、 色

パニック障害発症〜抑鬱〜その後

前回の記事を公開した後に、夫に読んでもらった感想を聞きました。 その感想は・・・「重いわ!!」でした

パニック障害になった時の病院選びと薬について。

まずはじめに、今回の記事は私個人の意見が多く含まれております。 私は医師ではないし専門家でも無く、資

パニック障害克服の為に有酸素運動をしよう

パニック障害やうつ病に大きく関わっているセロトニン。 前回のパニック障害の発作をおこさない為に有効な

パニック障害になった経緯

張り切ってブログを立ち上げたのですが、 パニック障害について何から書いていけば良いか模索しておりまし

パニック障害の発作をおこさない為に有効な物

パニック障害で最も辛い症状の一つに発作があります。 発作はいつおきるのかわからないし、防ぎようが無く

PC用

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PC用

記憶

  Nikon D750 梅の花

クリスタルアーマーの0.15mm液晶保護強化ガラスを購入したのに割ってしまった。

先月 9月19日にiPhone6を購入し、 購入直後から液晶保護強化ガラスを貼っておりました。 0.

ニンテンドー3DS LLのホーム画面テーマを変えてみた。

本日 2014年10月11日から ニンテンドー3DS&ニンテンドー3DS LLのホーム画面のテーマが

一眼レフカメラを買う時に悩む事

突然ですが、私の趣味はカメラです。 カメラが大好きだし写真も大好き。 自分で撮る事も好きですが、 色

iPhone6をまるっと保護出来てバンカーリングもつけられるケース

  先日購入したバンカーリング。 TPU素材のケースには残念ながら付けられなかったので 私

  • みっぷると申します。
    神奈川県在住 1児の母

    2009年にパニック障害に。
    その後投薬治療や家族の支えの元 
    以前と変わらないまでに回復。
    現在は減薬→完治を目指しております。

    詳しくはコチラ

  • follow us in feedly